ワードとかできれいな文章のつくり方

ワードとかできれいな文章のつくり方

ワードとかできれいな文章のつくり方

パッと見、綺麗な文書ってなんか読みやすいですよね。タイトルで概略、
最初に要点を伝え、詳しい説明は最後…、読みやすい文章を作るには?…
回覧などで回ってくる文書で気になるのが、用紙の上端にこじんまり固まった短い文書。
またいろいろ書いてあるのですが、なんか読みにくい文書。
「別に意味が通じれば良いでしょッ…」って言われそうですが、やはり企業が作るチラシみたいに、
パッと目立つ文書で、何を伝えたいのか一目で分かる方が、しっかり見てもらえるのでは無いでしょうか。
私は特に短い文書は、意識し用紙の真ん中、気持ち上目に持ってくるようにします。
重心が少し上にある方が、全体のバランスが良くなるためです。
全体を見て、真ん中に文書が詰まりすぎた感じがするときは、行を1行おきにし間隔を空けます。
左右はやはり真ん中ですが、少し後ろ目にします。とじた時バランスが良くなるようにします。
箇条書きになっているものは前をそろえ、全体を見て前の位置を決めます。
タイトルは必ず本文より大きくします。もちろん用紙との兼ね合いで、本文自体も大きくする場合もあります。
特に伝えたい要点は、文字を太くしたり、少し大きくしたり、中抜き文字にします。
特に白黒コピーしたりしなければ、色を付けても有効です。「いつ、何処で何をどのようにするか」が伝わりやすいように、
また文書全体のバランスを考え見やすくする。イラストを使用し目立たせるのも方法です。
私も市販のイラスト集は沢山買ってあります。ただ来賓の方に出すお礼の文書とか、格式ばったものには入れにくいですが。

内容はもちろん充実しないといけませんが、私は一番にバランスを考えるようにしています。


ホーム RSS購読 サイトマップ